profile

こんにちは。
ソムリエドラマー髙橋沙希子と申します。
現在私は、声のお仕事、ソムリエール、ドラマー
という三本柱を軸に活動しています。
なぜこの3つが私の軸になったのか、
少しお話させていただきたいと思います。
もしよろしければ、お付き合いください。

プロローグ。

高校時代に、バンド活動でドラムパートを担当し、ドラマーの道をスタート。
大学卒業後は大手お菓子メーカーアンリ・シャルパンティエ(現シュゼットグループ)のパティシエとなり、パティシエの仕事をしながら、引き続き、音楽学校でドラムを学びました。

ターニングポイント。

そんな私が「声」の仕事に興味を持ったのは、自身の26歳のバースデーライブの時です。
「ドラマー」というポジションはMCをそれほど強いられることはないので、これまでメインでMCをすることは殆どありませんでしたが、バースデーライブとなれば話は別、MCは必須になります。

独立。

その時初めて経験したMCで「声の仕事」に興味を持ち、声のプロになるための方法を模索し始めました。
当時コールセンターでSVとして働いていた私は、並行してイベントのナレーター、ラジオDJなど、MCとしての勉強と、経験を重ねていき、
2010年1月フリーランサーとして独立。

キャリアアップ期。

そして、
・MCとして・・・展示会、企業に入ってのナレーション
・イベントや婚礼の司会
・ラジオのパーソナリティー
・トークショー
・ミートオークションという高級肉のオークションのプレゼンター
など月に平均20本ほどいただくようになりました。

フリーランサーとして様々な経験をし、様々な思いを抱え4年。
私が次に向かったのはソムリエの資格を取得する事でした。

ワインの世界へ。

ワインとの出会いから探究心。

私がワインに向き合い始めたのは大学生の頃です。
当時フランス文学科だった私はワインとチーズの授業を受け、
口の中でしょっぱいはずのチーズが甘く感じ、渋いはずの赤ワインもまた甘く感じ、
スイスイ手が伸びるという
化学反応を経験し、衝撃を受けました。

いわゆるワインとチーズの「マリアージュ」初体験です。
それからというもの、ワインの奥深い世界への飽くなき興味は続きました。

そして、より深くワインの世界に携わっていきたいと考えるようになり、
2014年JSA認定ソムリエに独学ストレートで合格。

ソムリエールとして。

ソムリエを取得する事で、ショップチャンネルのナビゲーターや、ワインコーディネーター、ワイン講師、企業ワインコンサルタントなど、更に仕事の幅は広がっていきました。

さぁこれで
ソムリエドラマーMCの
出来上がりです(笑)

そして現在。
どんなお仕事をする上でも一番の軸になっていることは、
「ドラマーである自分が培ってきた礎」です。

ドラマーは表に立つ究極の裏方です。
主役は「私」ではない。
でも私がどう主役を盛り上げるかによって、その主役の輝きを10倍にも100倍にも引き立たせることができる。
これはMCであっても、ドラマーであっても、ソムリエールであっても同じことが言えると思っています。

workについてはそれぞれのベージでご紹介しています。
よかったら覗いてみてください。

●birth
2.24
●blood
B
●from
神奈川県横浜市
●favorite
ハリネズミ・パーソナルトレーニング・スペシャルティコーヒー
●speciality
ドラム/JSA認定ソムリエ・ケーキ作り(製菓業経験有・フランス語