1. HOME
  2. ブログ
  3. 行ってきたよ九州、女ひとり旅.。

行ってきたよ九州、女ひとり旅.。

ソムリエドラマー サクリーヌ

こんにちは〜ソムリエドラマー サクリーヌです。
先週、一週間かけて九州へ行ってきました〜!

 

横浜生まれ横浜育ちのわたしですが、実は小学生時代、2年半ほど福岡に住んでいたことがあります。
(当時の写真がこちら)
スペースワールド 90年代 

今回の九州の旅のきっかけは
「昔自分が住んでいた土地に足を運びたい」から始まりました。

 

そんな中で決めた九州の旅。

ミッションは以下の8つ。

  1. 住んでいた街を練り歩く。
  2. 私がとんかつを好きになった初めのお店に足を運ぶ。
  3. Instagramでつながっている平尾にあるお店に行く。
  4. もはや絶滅危惧である、昔の真っ白いトンコツラーメンを探す。
  5. 牧のうどんを食べる。
  6. 新鮮なお魚を食べる。
  7. ネオ屋台に行く。
  8. 九州のワイナリーに行く。

福岡 平尾を歩く。

ということで、初日は2時半頃博多着。

ANA787
関東も博多もどんより曇り空は同じだけど、湿度がすごい、蒸し暑い。

博多のホテルへ荷物を置いたら、街へ繰り出します。
私が住んでいたのは西鉄平尾駅と高宮駅の間。

タモリさんと同じ西高宮小学校に通っていました。

西高宮小学校

 

まずは、博多駅の方から柳橋を通って薬院へ。
柳橋

薬院から西鉄にのって一駅の「平尾」駅で降ります。
Googleって便利ですね。
距離感が気になる方は調べてみてください(笑)

 

久しぶりの西鉄。
西鉄

平尾駅のホームは当時の面影を残しながら、やはり少し変わってました。
西鉄平尾駅

昔は、ホームは一つしかなくて、ホームとホームの間にも踏切がありました。

昔突き落とされてもこのすきまに逃げれば大丈夫だよな〜とか考えてたのを思い出します。

調べたら、私が中学生くらいのときに高架工事が始まって今の駅スタイルになったようです。

さて、まずは平尾駅すぐ近くにある、とんかつ屋の「綿かつ」へgo!

 

博多華丸・大吉さんも通った綿かつ

さて、綿かつとは。

綿かつは私が小学生の時にカツにハマったきっかけを作ってくれたお店です。

綿かつ

綿かつの食べログ
家族でよく食べに行きました。

サクッとしたころもと付け合せのマカロニサラダ。いつもヒレカツ定食を頼んだものです。
綿かつ ヒレカツ定食
※2013年に撮影したもの

 

平尾駅から行くまでのこの大きな交差点も目印の一つ。
平尾交差点
20年前の平尾交差点は求心とおできの大きい看板だったけどぶれていなくてなんか嬉しい。

 

じつはこの日は定休日だということを知っていたのですが、
どうしても生存確認をしたかったのです。

というのも、2013年に一度出張のついでにこちらに行っていました。
綿かつマスター
そのときに「そろそろ閉める」といっていたので、心配になっていたのです。

まだ健在のようで安心しました。

ちなみに、博多華丸・大吉さんも博多を拠点にしていた頃、よくきていたそうです。

以前伺ったときに、ご子息は六本木の有名なニューハーフになられたそうで、ニュースにも取り上げられたと嬉しそうに話していました。

次こそは食べますからね。

平尾から家まで歩く。
まわたり文具
当時良く使っていたまわたり文具も健在。

歩いて気づくことは、どのみちを通っても、「この道、こんなに短かったっけ?」。

考えれば、小学生の目線とおとなになった自分の目線は物理的に違うはずで、自分の記憶の中にあるものより、いろんなものが近く感じました。

そして、見えてくるものも違うという意味でも目線が変わったことを実感したり。

小学生の活動範囲なんて狭いもので、結構すぐに周れたけど、しみじみと歩きました。

 

平尾ワイン食堂 トロワフレールいちえ

ソムリエドラマーアカウントのInstagram始めて2年半、
お互いいつのまにかフォローしていたお店が平尾に!!

これは行くしかないと、初日の夜に伺いました。

詳しくはこちらに書きました。
ソムリエドラマーのInstagram

30年前に住んでいたところで、ネットの世界がつないでくれるというまさに現代ですね。

とても心地よかったので、また足を運ぼうとおもいます。
ソムリエドラマー サクリーヌ

さて、ここには福岡と熊本在住の友人に再会すべくお呼び出ししました(笑)

ちなみに、福岡在住の友人には「遠方から博多にきて店指定されたの初めて」と言われました。www

スーパー努力家なアフィリエイターえばさん
えばさん

ちょっとこの方は紹介したい、紹介させてください。

もともと同じコミュニティで一緒だったのがご縁なのですが、関東と九州、顔を合わす機会は一年で1回しかありませんでした。

しかもその一回も終わり間際にたった一言お話できただけ。

でも、その時一言でも話していなかったら、この再会はありませんでした。

 

嬉しいことに記事書いてくれてます♪
えばさんのサイト「えばNOTE」

だから、「再会」といえど、ほぼ初めてお互いの話をお互いの口から聞く時間。

やっぱりたった少ししか話してなくても、「あ、この人!」って思うものってあるんですね。

見た目はとてもかわいらしい方なのですが、限られた時間の中で、効率よくやるべきことを分配して、やりたいことを達成している姿を見て、「とても凛々しいな」という印象のある方。

そんなえばさんのルーツを拝見して、納得。

きっと読んだらみなさんも引き込まれるからぜひ読んでみてください!

えばNOTE自己紹介

というわけで初日からしこたま飲んで気持ちよく飲んでホテルに戻ったサクリーヌでした〜。

次の日から宮崎へ行くと言うのに(笑)

あまりマメじゃありませんが、頑張ってサイト更新知ていきます。
これからもよろしくお願いいたいます。(笑)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事